【00日目】TOEIC900を目指す前にすること

①TOEICの公式問題集を買って、模擬試験を解く

今の実力を知らないことには、戦略を立てることが出来ない。まずは模擬試験をまるまる一回分解こう。ちなみに初日の実力測定は「自分がどれだけ出来るか」を調べるのではなく、「自分がどれだけ出来ないか」を知るのが目的なので、解けなくてもまったく気にすることはない。そして、今は信じられないかもしれないが、これからいう方法を実践すれば1ヶ月後にはほぼ満点をとることができるようになっているハズだ。ちなみに買うのは最低1冊でもOKだが、2冊くらいは買った方が良い。リーディングとリスニングは公式問題集を使ってトレーニングすることになるが、1冊の分量ではこころもとないからだ。

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.2〉TOEICテスト新公式問題集

②30日間でやるべきことを把握する

TOEICに必要な英語力は大きく分けて4つ。下に必要な勉強量の目安を述べる。これらを並行してマスターすることで900点が実現する。

単語力

必要な単語数=(900-あなたの点数)x5

必要なイディオム数=(900-あなたの点数)/2

※TOEIC 500点の人は 2000単語  200イディオム
※TOEIC 700点の人は 1000単語 100イディオム

単語力は全ての基本だ。単語がわからなければ全てにおいて不利である。一方、豊富な単語力が有れば多少文法やリスニングが苦手でも、案外簡単にTOEIC900点をとることができててしまう。TOEICは単語に始まり単語に終わると言っても良い。なのでくじけず頑張って欲しい。TOEIC900点に必要な単語・イディオムの覚え方は単語力のカテゴリに記事をまとめておくので、そちらをご参考いただきたい。単語帳は以下がオススメ。1冊に決めたら浮気はしないこと、単語帳はどれでも同じ。くじけずマスターすることが最も重要。そして、付属CDは要らない。リスニングはリスニング用の教材を使うのがベスト。

TOEIC Test 900点突破必須英単語TOEICテスト 860点突破のための英単語と英熟語―出題頻度順英単語875と英熟語574 (KOU BOOKS)TOEICテスト990点満点達成のための英単語と英熟語―出題頻度順英単語1295と英熟語203 (KOU BOOKS)TOEIC TEST完全攻略3000語―目標スコア600-900

文法力

600点以上の人=TOEIC900点対策文法問題集x1

600点以下の人=通常レベルの文法問題集x1

文法は、TOEIC800〜900点対策を銘打った文法問題集を1冊マスターすればよい。なぜかどの文法問題集も240ページ程度なので、1日あたり8ページ解いていけば良い計算だ。文法に自信がない人、例えば現在完了がなにか分からないという人は、900点問題集ではなくもう少しレベルのマイルドな文法問題集を攻略すればよい。実は、あまり高難易度の問題集を選ぶ必要はないのだ。難しい文法をやる時間があるなら、単語やリスニング量の向上に時間を割いた方がよい。文法問題集の選びかたや文法力の伸ばし方については、文法力のカテゴリに記事をまとめておくので、そちらを見て欲しい。オススメの文法問題集はこちら。TOEIC990点対策をうたうものは文法で450取れる人がさらに45点とるための問題集であって、マニアックすぎて使えないものが多い。800点〜900点と表記のあるものが良い。

新TOEICテスト文法800 (新TOEICテスト文法800―リーディングセクション「PART5」徹底練習)新TOEICテスト900点を突破する英文法トレーニングTOEIC TEST文法完全攻略―必須単語も同時に身につく (アスカカルチャー)TOEIC TEST 文法別問題集

リーディング力

最初の15日=何もしなくて良い

後半の15日=1日1問を徹底的に

リーディング力は単語力、文法力を合わせ込んだ総合力だ。なので実力の不足しがちな前半15日はリーディングに取り掛かる必要はない。その前に単語力と文法力を重点的にマスターしよう。そしてある程度基礎力がついてきたとおもったら、はじめに挑んだTOEIC公式問題のリーディングパートをもう一度解いてみよう。先の15日で覚えた単語やイディオムになんども出くわすはずだ。そして、その時自分の実力が伸びているという実感がわくはず。TOEIC900点に必要なリーディング力についてはカテゴリに記事をまとめているので、そちらも読んで欲しい。リーディングに特別な問題集は不要だ。公式問題集をやりこめば良い。

リスニング力

はじめの1週間=精聴(シャドウイング)を1日30分以上

それ以降はリスニングの問題集を一日1.5時間もプラス

日本人にとってもっととっつきにくく、難易度の高いのがリスニング力だ。リスニング力向上策はたった一つ、ひたすらネイティブの英語を聞いて、真似(シャドウイング)することだ。TOEICの場合無駄に長いリスニング時間を割り当てる必要はなく、良質の英語を徹底的に反復し、覚えこむことが900点への近道。TOEIC900点攻略のためのリスニング学習法はリスニングのカテゴリにまとめているのでそちらもご参考頂きたい。

問題はどのリスニング教材を聞くか。無料にこだわるならばVOA Special Englishがオススメだ。このサイトはアメリカ政府が用意した移民向けの英語学習サイトで、1500語程度の語彙だけで話すネイティブの音声集。Script(字幕)が公開されているものも多く、聞く+読むを繰り返すうちにネイティブの発音になじむことができる。問題点は質が玉石混交であること。いちいち自分のレベルに適切なファイルをダウンロードするのも面倒だし、ファイルの整理も手間だったりする。

そこでオススメのなのがアルクのヒアリングマラソン。こいつはかなり便利。1000時間もの膨大なコンテンツを一旦ポータブルオーディオに入れてしまえばあとは通勤列車の中で聞くだけで手間がかからない。そしてなにより適切なレベルの良質な英語を潤沢に聞くことができる。私の場合はこれでかなり時間を節約することができた。身の回りの東大生も多くがこれを使っていて、評判も上々だ。しかし、金はかかるということと、1年分でしか購入出来ないとうデメリットも有る。

ある程度リスニング力がついてきたら、リスニングの問題を使ってのトレーニングもはじめよう。冒頭に紹介した公式問題集を使えば十分だ。VoAが遅くてイライラするというような人は、はじめから公式問題集をつかったシャドウイングを初めても良いだろう。

③スケジュールを設定する。

TOEICの実施日をこのサイトで確認し、申込もう。本番までは30日以上あけること。30日を切ると、流石に厳しい。

次にA4一枚に学習スケジュールを書き込もう。単語、文法をいつまでにどの程度進めて良く必要があるのか、ひと目で分かるように書くべし。正確でなくても良い、目安程度で構わない。この予定表よりも遅れるようなことがあれば、致命的であるということだけ肝に命じよう。もちろん表面的に数だけこなしても実力はついてこない。決めた数を、一つ一つ完璧にマスターしていくことこそが、TOEIC900点への唯一の道なのだ。とりあえず初日にするべきことはここまで。

人気ブログランキングへ←をポチっとしてくださると励みになります。
It's very calm over here, why not leave a comment?

Leave a Reply




About

短期でTOEICスコアを上げるにはどうすればいいかを解説した勉強法のサイトです。著者の自己紹介はこちらを、取材執筆などのご依頼はこちらをどうぞ。Twitterもやってます。
人気ブログランキングへ

管理人が書いた本のご紹介

発売から1週間で増刷決定!
30日間で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法
30日で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法
↓↓↓
詳しくはこちら


絶賛発売中!
申し訳ないほど効果が上がる英語勉強の7つの方法
申し訳ないほど効果が上がる英語勉強の7つの方法
↓↓↓
詳しくはこちら

寄稿させて頂きました
イングリッシュジャーナル2012年4月号
イングリッシュジャーナル2012年4月号



取材記事を掲載して頂きました

クーリエ・ジャポン2013年5月号

Other Recent Posts

管理人オススメ参考書

TOEIC TEST英単語スピードマスター
成重 寿
Jリサーチ出版
売り上げランキング: 11596
おすすめ度の平均: 4.0
4 非常に満足です。
5 勉強するかしないかのどちらかだけです。
3 不親切
5 TOEIC対策としては最良書。
3 結構難しいです。
新TOEIC TEST英文法・語法問題集
安河内 哲也 魚水 憲
Jリサーチ出版
売り上げランキング: 39651
おすすめ度の平均: 3.0
1 お金の無駄
4 基礎固め
2 少なくとも900点レベルではない
4 Not so bad
5 実用的
新TOEIC TESTリーディング問題集
成重 寿
Jリサーチ出版
売り上げランキング: 30491
おすすめ度の平均: 3.5
3 Part7の攻略
2 本番より、格段に難しい
4 本番に近いです
1 残念ながら期待外れでした・・・
4 いいのでは?