【00日目】TOEIC900を目指す前にすること

①TOEICの公式問題集を買って、模擬試験を解く

今の実力を知らないことには、戦略を立てることが出来ない。まずは模擬試験をまるまる一回分解こう。ちなみに初日の実力測定は「自分がどれだけ出来るか」を調べるのではなく、「自分がどれだけ出来ないか」を知るのが目的なので、解けなくてもまったく気にすることはない。そして、今は信じられないかもしれないが、これからいう方法を実践すれば1ヶ月後にはほぼ満点をとることができるようになっているハズだ。ちなみに買うのは最低1冊でもOKだが、2冊くらいは買った方が良い。リーディングとリスニングは公式問題集を使ってトレーニングすることになるが、1冊の分量ではこころもとないからだ。

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.2〉TOEICテスト新公式問題集

②30日間でやるべきことを把握する

TOEICに必要な英語力は大きく分けて4つ。下に必要な勉強量の目安を述べる。これらを並行してマスターすることで900点が実現する。

単語力

必要な単語数=(900-あなたの点数)x5

必要なイディオム数=(900-あなたの点数)/2

※TOEIC 500点の人は 2000単語  200イディオム
※TOEIC 700点の人は 1000単語 100イディオム

単語力は全ての基本だ。単語がわからなければ全てにおいて不利である。一方、豊富な単語力が有れば多少文法やリスニングが苦手でも、案外簡単にTOEIC900点をとることができててしまう。TOEICは単語に始まり単語に終わると言っても良い。なのでくじけず頑張って欲しい。TOEIC900点に必要な単語・イディオムの覚え方は単語力のカテゴリに記事をまとめておくので、そちらをご参考いただきたい。単語帳は以下がオススメ。1冊に決めたら浮気はしないこと、単語帳はどれでも同じ。くじけずマスターすることが最も重要。そして、付属CDは要らない。リスニングはリスニング用の教材を使うのがベスト。

TOEIC Test 900点突破必須英単語TOEICテスト 860点突破のための英単語と英熟語―出題頻度順英単語875と英熟語574 (KOU BOOKS)TOEICテスト990点満点達成のための英単語と英熟語―出題頻度順英単語1295と英熟語203 (KOU BOOKS)TOEIC TEST完全攻略3000語―目標スコア600-900

文法力

600点以上の人=TOEIC900点対策文法問題集x1

600点以下の人=通常レベルの文法問題集x1

文法は、TOEIC800〜900点対策を銘打った文法問題集を1冊マスターすればよい。なぜかどの文法問題集も240ページ程度なので、1日あたり8ページ解いていけば良い計算だ。文法に自信がない人、例えば現在完了がなにか分からないという人は、900点問題集ではなくもう少しレベルのマイルドな文法問題集を攻略すればよい。実は、あまり高難易度の問題集を選ぶ必要はないのだ。難しい文法をやる時間があるなら、単語やリスニング量の向上に時間を割いた方がよい。文法問題集の選びかたや文法力の伸ばし方については、文法力のカテゴリに記事をまとめておくので、そちらを見て欲しい。オススメの文法問題集はこちら。TOEIC990点対策をうたうものは文法で450取れる人がさらに45点とるための問題集であって、マニアックすぎて使えないものが多い。800点〜900点と表記のあるものが良い。

新TOEICテスト文法800 (新TOEICテスト文法800―リーディングセクション「PART5」徹底練習)新TOEICテスト900点を突破する英文法トレーニングTOEIC TEST文法完全攻略―必須単語も同時に身につく (アスカカルチャー)TOEIC TEST 文法別問題集

リーディング力

最初の15日=何もしなくて良い

後半の15日=1日1問を徹底的に

リーディング力は単語力、文法力を合わせ込んだ総合力だ。なので実力の不足しがちな前半15日はリーディングに取り掛かる必要はない。その前に単語力と文法力を重点的にマスターしよう。そしてある程度基礎力がついてきたとおもったら、はじめに挑んだTOEIC公式問題のリーディングパートをもう一度解いてみよう。先の15日で覚えた単語やイディオムになんども出くわすはずだ。そして、その時自分の実力が伸びているという実感がわくはず。TOEIC900点に必要なリーディング力についてはカテゴリに記事をまとめているので、そちらも読んで欲しい。リーディングに特別な問題集は不要だ。公式問題集をやりこめば良い。

リスニング力

はじめの1週間=精聴(シャドウイング)を1日30分以上

それ以降はリスニングの問題集を一日1.5時間もプラス

日本人にとってもっととっつきにくく、難易度の高いのがリスニング力だ。リスニング力向上策はたった一つ、ひたすらネイティブの英語を聞いて、真似(シャドウイング)することだ。TOEICの場合無駄に長いリスニング時間を割り当てる必要はなく、良質の英語を徹底的に反復し、覚えこむことが900点への近道。TOEIC900点攻略のためのリスニング学習法はリスニングのカテゴリにまとめているのでそちらもご参考頂きたい。

問題はどのリスニング教材を聞くか。無料にこだわるならばVOA Special Englishがオススメだ。このサイトはアメリカ政府が用意した移民向けの英語学習サイトで、1500語程度の語彙だけで話すネイティブの音声集。Script(字幕)が公開されているものも多く、聞く+読むを繰り返すうちにネイティブの発音になじむことができる。問題点は質が玉石混交であること。いちいち自分のレベルに適切なファイルをダウンロードするのも面倒だし、ファイルの整理も手間だったりする。

そこでオススメのなのがアルクのヒアリングマラソン。こいつはかなり便利。1000時間もの膨大なコンテンツを一旦ポータブルオーディオに入れてしまえばあとは通勤列車の中で聞くだけで手間がかからない。そしてなにより適切なレベルの良質な英語を潤沢に聞くことができる。私の場合はこれでかなり時間を節約することができた。身の回りの東大生も多くがこれを使っていて、評判も上々だ。しかし、金はかかるということと、1年分でしか購入出来ないとうデメリットも有る。

ある程度リスニング力がついてきたら、リスニングの問題を使ってのトレーニングもはじめよう。冒頭に紹介した公式問題集を使えば十分だ。VoAが遅くてイライラするというような人は、はじめから公式問題集をつかったシャドウイングを初めても良いだろう。

③スケジュールを設定する。

TOEICの実施日をこのサイトで確認し、申込もう。本番までは30日以上あけること。30日を切ると、流石に厳しい。

次にA4一枚に学習スケジュールを書き込もう。単語、文法をいつまでにどの程度進めて良く必要があるのか、ひと目で分かるように書くべし。正確でなくても良い、目安程度で構わない。この予定表よりも遅れるようなことがあれば、致命的であるということだけ肝に命じよう。もちろん表面的に数だけこなしても実力はついてこない。決めた数を、一つ一つ完璧にマスターしていくことこそが、TOEIC900点への唯一の道なのだ。とりあえず初日にするべきことはここまで。

【1〜5日】TOEIC900に必要な基礎力固め

この時期はとにかくひたすら暗記・・・暗記・・・。暗記がメインとなる。初期の段階でいかに多くの単語を覚えるか、というのが今後の伸び代に関わってくる。なので根性根性ど根性で単語とイディオムの暗記に励んで欲しい。暗記の合間にリスニングで息抜きをし、リスニングに疲れたら英語で書かれたホームページで気分転換。寝る前はテレビの代わりに英語のyoutube動画を見る。ひたすら英語。それ以外はない。

①単語

覚える量

はじめの五日間で、目標にした単語の1/4〜1/2を覚えてしまおう。2000単語を目標にした人は、この5日間で500〜1000単語をマスターするつもりでペース配分する。これはかなりしんどい。しかし少しでも多く覚えておくことで、後半戦のリーディングや、リスニングでの伸び代がぐんと上がることになる。結果的に楽になるのだ。単語力不足のママ後半戦に突入するのはとてもしんどい。

覚え方

朝1時間はやく起きて、その日に覚えるべき単語を全て暗記してしまおう。なんども復唱し、頭の中で書いてみることだ。ここでどれだけしっかり覚えるかが重要で、ここで100%全て覚えきるつもりで挑もう。しかし、人間は忘れる動物である。なので、反復して覚えなおす必要がある。夜、帰宅したらもう1時間かけて復習する。朝夕2回暗記することで、8割型の単語は覚えることができる。

残り2割はどうするのか?翌日にもう一度復習するのだ。翌朝もう一度覚えなおす。この時点で95%の単語は忘れないはずだ。もちろん、翌日には翌日のノルマがあるので、そちらも覚える必要がある。翌々日には3回目の覚えなおしをする。そうすることでほぼ100%の単語を覚えることができる。念のため一週間後、二週間後にも軽く見直したほうがベターなのは言うまでもない。反復記憶術についてはこちらにまとめてみるので読んでみて欲しい。

単語を覚えるとき、どの程度奥深い情報を覚えればいいのか?

発音はアクセントの位置を抑えればOK。わざわざ付属のCDを聞く必要はない、時間がもったいない。なんちゃってでもいいから自分で読んで、アクセントを頭に叩き込もう。アクセントさえ抑えれば、リスニングもなんとかなるものだ。

重要なのは綴りをしっかりと覚えることだ。綴りを覚えることは選択式のTOEICではあまり重要視されないが、綴りを覚えそこねた単語は1週間もしないうちに忘れてしまう。綴りまで徹底して覚えることで、頭の中にこびりつかせるのだ。

記憶を長持ちさせる方法としてもう一つ重要なのが、類語を覚えるという方法だ。たとえば少し難易度の高い単語として”outright”という単語がある。”徹底的に”という意味の単語だが、あまりなじみが無く忘れがちだ。この単語を”completely”, “perfectly”, “entirely”といったより出現頻度の高い単語と結びつけて覚えることで、outrightを記憶の中に定着させるのだ。outrightだけ単独で覚えているうちはそれを忘れてしまえばそこまでだが、出現頻度の高い単語と結びつければ、それらが登場する度にoutrightを思い出すことになる。例えば別の機会に”perfectly”を見たときに、「どんな類語があったかな・・・・」と自らに問いかければ、必然的にoutrightを思い出すことができ、より深度の高い暗記が可能だ。その時outrightを思い出せないとモヤモヤしたものが残るだろうが、その時は単語帳をザッピングすれば、すぐにoutrightにいきあたるはずだ。そこまですれば、もうoutrightを忘れることはない。ちなみに類語は単語帳に書き込んでしまえば良い。また、類語を覚えることはリスニングのスコアアップにも効果がある。TOEICにおいて類語を覚えるメリットについてはこちらに記事を書いているので参考にしていただきたい。

そして単語には例文がついていると思うが、この例文にも目を通し、単語の用法を理解しておこう。これが案外文法力と読解力の向上につながるのだ。

②文法力

TOEICに占める文法の割合は少ない。入試の時に経験したような引掛けも少ないし、案外ヤマカンでも正解できてしまう。時制の一致や関係代名詞を適切に選ぶなどの基本的な内容のものが多く、これは問題集1冊をまるごと解けば対策はほぼ完了と言った類のものだ。文法問題集は案外親切で、それさえ読めば文法知識の総ざらいが可能なようになっている。1冊仕上げれば8-9割以上の正解率はとることができるだろう。

困ったのは、単語毎に決まった癖についての設問だ。例えば、

I suggested (    ) there instead of her.

  1. him to come
  2. his going
  3. that he came
  4. him that he come

suggestがshoudを伴なう動詞であるということを知っていれば、3は除外できる。4はsuggestの目的語として二回heが出てきてあきらかに不適。残るは1,2だが、suggestが「人 to V」という形を取らない事を知っていれば、1は除外できる。そうなるとあまり使わない用法だが文法的に矛盾しない2が正解となる。3,4はともかく1が使えないことは、いくら文法書を読んでもなかなか得とくできる類の知識ではないというのが私の意見だ。どちらかということ、たくさん読んで、体で覚えることでなんとなく1,2あたりに絞り込んで、勘で2を選ぶくらいしか正解する方法がないと思う。こういった難度の高い問題をとくことに時間をかけるならば、リスニングと単語をしっかりと仕上げるほうが得点に結びつくはずだ。逆に、単語のところで言及したように例文に多く目を通すことで、この手の勘が冴えてくることになる。たった一ヶ月でも集中して取り組めばそれなりの勘ができてくるものだ。

③リーディング力

これは現段階で手を付ける必要はないと述べた。しかし、余裕があるならば気分転換の時にインターネットで海外サイトを見たりして長文を読む癖をつけよう。ニュースサイトは難しい言い回しが多いので、ゲームのレビューサイトのように子供向けのものか、wikipediaなどの完結な表現でまとまっているものを読もう。自分の興味のあるものを気分転換がてら読むだけで良い。覚えたての単語がでてきたら、なんだかうれしくなること請け合いだ。

④リスニング力

日本人にとって最も高い壁がリスニングである。これで9割以上の正答率をとらないとTOEIC900点は難しいだろう。そのためにまずやるべき事は、精聴である。1-5分程度の短い音源を、なんども聞こう。できればscript(原稿)を見ながら聞くのがいい。原稿を見て、分からない単語は辞書で調べておく。リスニングで原稿に書いていることがそのままの形で聞き取れるようになるまで、なんども繰り返し聴くこと。リスニングで全文の意味を把握できるようになったら、今度はしゃべってみよう。真似事で構わないので、口から出して反芻することでより深くネイティブの発音が自分の記憶に刻み込まれることになる。一日30分位やれば大丈夫だ。不安だったら量を倍に増やそう。リスニングに掛ける時間はあなたの生活スタイル次第だが、1時間位あっても良い。

【6日目】復習にかける一日&息抜き

復習

そろそろ最初の週末だろう。いままで覚えたことを一日かけて復習することをおすすめする。

これまで相当の単語数を覚えてきたはずだ。そろそろここで総ざらいをしよう。いままで覚えた単語の総復習をしてみる。完璧に覚えたはずでもいくつか漏れがあるはずだ。今日が最後と言わんばかりに覚え漏れ単語を覚えなおそう。ここで覚え漏らしていしまえば確実に900点はとれないだろう。集中して、徹底的に。

また、文法知識もずいぶんと充実したはずだ。もう一度問題を通しで解いてみよう。きっと、当初と同じ間違いをすることが何度かあるはずだ。本番で同じミスをすれば確実に900点は遠のくということを胸に言い聞かせ、しっかりと復習しよう。

リスニングもしかり。過去に聞いた音源をもういちど聞いて、1回ですんなりと聞くことが出来るかどうか確認する。確認できれば、それでOKだ。

息抜き

いままで昼間(勤務中etc)以外は英語漬けだったはず。たまには息抜きもしないと、、、、けど、ただの息抜きをできるほどTOEIC900点は甘くない。ここは、映画を借りて来よう。そして、字幕なしで見よう。大人向けの映画はセリフが難しく、聞きとることは出来ないが、子ども向けの映画ならば案外しっかり聞きとることができるものだ。100%は無理かもしれない。けど、以前に比べてたら全然聞き取りやすくなっているはず。そんな自分の能力向上っぷりに驚き、喜び、明日以降のモチベーションアップの材料にしてしまおう。

私がオススメする息抜き映画はこちら。特にスターウォーズは全セリフを覚えてしまうくらい繰り返し見た。
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ [Blu-ray]トイ・ストーリー スペシャル・エディション [DVD]トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション [DVD]

【7日目】TOEIC模擬試験2nd

映画を見て良い気分になったら、初日にやった模擬試験をもう一度やってみよう。おそらく、初日時点よりは100点程度アップしているに違いない。英語力はあとになるほど伸びる。ここで少しの伸びが見られれば、900点は十分射程圏内に入っているということだ。リスニング・リーディングはほとんど何もしていないに等しいのに。いかに単語力が重要かお分かりいただけるとおもう。模擬試験が付属している参考書は以下。とりあえず公式問題集を買っておけばハズレはない。
TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.2〉TOEICテスト新公式問題集新TOEICテスト「直前」模試3回分CD BOOK 直前に解く!TOEIC TEST模擬試験集 (アスカカルチャー)PCで模擬試験TOEIC TEST新テスト対応!!これだけ!TOEICテスト総合対策初めて~650点新TOEIC TEST直前対策模試(JMOOK5)CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試

【8〜15日目】少しづつリスニングへシフト

さて、単語力の伸びが点数にちょくに結びつくことを知り喜ぶのもつかの間、昨日の模擬試験で気になることはやはりリスニング力不足だろう。リスニング精聴を一日30分続けたおかげで徐々に耳は強くなっているものの、TOEICのリスニングは独特の引掛けが多い。結局点数を取りこぼしてしまうのだ。よって、この時期は単語からリスニングへ力点をシフトしていく必要がある。

①単語

覚える量は目標単語数の75%までをマスターするつもりでペース配分しよう。目標単語数が2000で、当初5日間で覚えた量が750の人は、もう750覚える必要があるが、期間が長いのでいままでより少し余裕が出るはずだ。すでに1000覚えている人は500覚えるだけでいい。覚え方や覚える深度はこれまで通り、しっかりとやること。単語量減少で浮いた時間はリスニングに回す。

また、ほかの項目(文法、リスニング)でできてた新出単語をメモるための単語帳も用意しよう。身近にあるものでOK。ちょっと小さめのA6サイズあたりが良い。買ってきた単語集のみならず、ほかで出くわした新出単語も覚える必要がある。TOEIC900とるためだ、頑張ろう。
KOKUYO ノ-221BX3 キャンパスノート5号(A6)B罫48枚3冊組

②文法

これまで通り、一日8ページ実施。

③リーディング

これまで通り、息抜きベースで海外サイトを見る程度で良い。

④リスニング

いままでの30分精聴に加えて、問題集を解きはじめる。TOEICリスニング専門の問題集を解いても良いし、はじめに買った公式問題集を使い回しても良い。次のように取り組む。

  1. 問題に挑戦する
  2. 答え合わせ。何が間違いか解説をよく読む。
  3. 知らない単語。イディオムを調べる(覚えること)
  4. もう一度聴く
  5. 理解できるまで、原稿を見ながら何度も聴く
  6. 今度はしゃべる

問題をとくときは、引掛けに注意しよう。問題集の解説にも書いてあるだろうが、聞こえた単語がそのまま選択肢に載っている場合、それは正解でない場合が多い。よく聞いて、理解しないと得点が取れない仕組みになっている。後半は殆ど精聴とやり方は変わらない。徹底的に反復することでネイティブの発音の仕方、リズムをマスターしよう。自分でも同じ程度流暢に話せるようになるまで、繰り返し発生する必要がある。

分量は1.5時間程度。精聴と合わせると一日2時間だ。みっちりやろう。リスニング力は点数に直結する。ここで気持ちが折れる人は何時まで経っても700〜800点台どまりだ。

オススメのリスニング問題集はこちら。
TOEIC(R)テスト リスニングBOX新TOEIC TESTリスニング問題集―New Version対応新TOEICテスト リスニング 練習問題300問TOEIC TEST リスニングの鉄則

【16日目】TOEIC模擬試験3rd

Half Over

今日からこの30日間勉強法も後半戦に突入する。ここでもう一度実力把握をやろう。3回目の模擬試験だ。過去にやった模擬試験のリトライではなく、新しいものをやろう。おそらくこの段階で、大抵の人が700点台に上昇しているはず。残りの15日でさらに200点取る英語力を身につける必要がある。後半の半月は特に弱い分野に力点をおき、ペース配分を考えなおそう。

①単語力

いままで75%覚えたと思うが、本当にしっかりと覚えられてるか?今日までやってきた単語帳をもう一度見直そう。忘れている単語があれば、絶対に覚えなおすこと。ここで取りこぼしたらTOEIC900点は取れないと思おう。そしてあとの25%も覚えなくてはいけないということをもう一度肝に命じよう。

②文法力

模擬試験では何割取れただろうか。文法では最低95%以上の正答率がTOEIC900点には要求される。80%だと安心圏、70%だと今後は力点を文法にシフトする必要がある(これまでの倍程度の学習分量にするべき)。ここで間違った問題をよく見て、自分の苦手な文法分野を知っておこう。そしていままでといた問題をもう一度総復習。同じ間違いを繰り返さないか、文法知識の再整理をおこなうのだ。もちろん、文法書の1冊マスターはまだできていないので、ある程度取りこぼしがあるのは仕方ない。

③リーディング力

リーディングは何割取れたか。ここでも95%以上を目指そう。単語力がずいぶんついたおかげでかなり長文が読みやすくなっているはずだ。ただ、問題の解き方などに慣れていないせいで、点数を取りこぼしている部分があるだろう。ここは、今後トレーニングすることで改善していくからご安心を。現時点では70%程度あれば十分だ。

④リスニング力

おそらく最も弱いのがリスニング力だろう。おそらく60%くらいしか取れていないのではないか。一日1.5時間のリスニングをつづけたおかげでかなり聞き取れるようになっているだろうし、引掛けにも強くなっているだろう。ただし、TOEIC900点に必要なリスニング力は85%〜90%だ。そこまで持っていくにはまだまだ相当聴きこまないといけない。あと半月でリスニング力をどこまで持っていけるか。TOEIC900点取れるかどうかはそこにかかっている。

Coffe Break

単語、リスニングと英語教材ばかり使っていると、嫌気がさしてしまうだろう。英語なんてもう見たくない!けど、TOEIC900点をとるためには気分転換も英語的な何かにしたい・・・そこで最適なのが、朗読である。お風呂場などで英語の文章を朗読してみよう。ここまで頑張ってきたあなただ、半月前からは信じられないほどスラスラと発音できるようになっているはず。朗読は単語・文法・読解・発音(=リスニング力)の全ての能力を統合して使うので、知らず知らずのうちに英語脳が活性化されるのだ。そして朗読する文はできるだけ単語レベルの低いものを選ぼう。朗読するのはあくまで気分転換のためなので、簡単でわかり易い文章をスラスラよんで、英語を訳さずに理解デキてしまう自分の進歩に驚き、喜ぼう。ちなみに私は朗読用にPenguinReadersをオススメする。単語数が本に明記されており、選びやすいからだ。種類も豊富で自分の興味のある本が、きっと見つかるはずだ。

  • 今日700点前半だった人→LEVEL4(1700 words)
  • 今日700点後半だった人→LEVEL5(2300 words)
  • 今日800点以上だった人→LEVEL6(3000 words)
  • The Story of the Internet: Level 5 (Penguin Readers Simplified Text)

【17〜25日】弱点克服とテクニック

①弱点克服

これまでどおりの基礎力向上に加えて、あなたの弱点を克服する必要がある。昨日の模擬試験でリスニングが弱いと思った人は、リスニングにかける時間を増やそう。文法もしかり。この短期間で700点まで上昇したあなただから、TOEIC900点は射程範囲だという実感があるはずだ。900点をとるために何をすればよいかははっきりしている。弱い分野にかける時間を増やして、徹底的にやり抜くのだ。TOEIC900点にふさわしい英語力を付けて本番に挑もう。

また、リーディングのトレーニングを始めるのもこのタイミングになる。TOEIC公式問題集のリーディング問題を、1日1問(苦手な意識のある人は2問)を毎日丁寧にすすめていこう。これまでの単語力・リスニング力の向上で、読解力もずいぶんと向上しているはず。膨大な単語を覚え、リスングを淡々とこなしてきたあなたにとっては、もはやリーディングでそんなに苦労はしないのではないか。

ちなみに私の場合、この時点でリスニングの点数が70%位、文法とリーディングがちょうど85%位だったので、翌日からリスニングに掛ける時間を1日3時間に増やし、文法とリーディングはあわせて30分程度に抑えた。単語はどうしても諦める気になれなかったので、相変わらずの暗記ラッシュを続けた。この時点での指針は以下の感じ。

  • リスニングが苦手な人は(殆どの人が当てはまる)、単語・文法・リーディングに掛ける時間を減らさざるを得ない。
  • 文法とリーディングで85%取れている人はリスニングにかける時間を倍増させる。
  • 文法とリーディングで85%ない人は単語を完全にストップし、もう一冊ハイレベルな文法書を買って大急ぎで仕上げる。
  • etc

②スピード感

そして、スピード感も身につけよう。TOEICで900点超えを狙う人がブチ当たるのが時間の壁である。TOEICは問題数の割に一問一問にかけられる時間がとても短い。例えば文法問題の場合、20秒程度で答えなくてはいけない。今後は時間を計りながら練習問題を解くことを習慣付けよう。

③テクニック

TOEICはあくまで試験である。試験とは一種のゲームだ。ゲームである以上テクニックが存在する。ここではそんなTOEICで使える実践テクニックをいくつか紹介しよう。

2択ヤマカン法

消去法で解く場合、はじめの2つは容易に消去できる。大抵の問題は3つめの選択肢もすぐに除外できるので正解を選ぶことができるが、少し難度の高い問題になると最後の2択で悩むことが多い。ここで悩みすぎるとあっという間に1分位は過ぎてしまうだろう。そうなると時間がなくなり、解けるはずの問題も解けなくなる。30秒悩んで解けない問題は、2分悩んでも解けない。これではTOEIC900点は厳しい。だから、最後の2択で迷った場合、ヤマカンでいいから数字の若い方を選ぼう。80%の問題を正解して、残りの20%に2択ヤマカン法を適用すれば、全体としての正答率は90%になる。

引掛け単語消去法

TOEICでは問題文の中に出てきた単語が選択肢の中に含まれている場合、その選択肢は不正解になることが多い。全く手も足も出ない難問の場合、問題文に出ている単語がない選択肢を選ぼう。それだけで正答率が25%から33%に上昇するから儲け物だ。3択に絞り込めている場合は、50%に上昇するだろうし、2択に絞り込めている場合は100%になる。ちなみにリスニングパートにおいては、写真に写っている物や耳に付く単語が選択肢に使われている場合も引掛けであることが多い。

先読み法

リスニングで分からない問題があったら、上記2手法を使ってさっさとマークしてしまおう。そして浮いた時間は次の問題の写真をチラ見→設問を読む時間に費やそう。そうすることで次の問題で何が聞かれるかが事前にわかり、ぐっと正答率が上がるはずだ。先読みはリスニングパートでは常に有効で、PartIの説明が流れている隙にPartIIIの設問をよむという戦略もありだろう。

【26〜29日】TOEIC模試ラッシュ

ここまで来たらあとは模擬試験を1日一回こなそう。今までは英語力向上に力を注いできたが、この4日は本番の時間配分に慣れるための期間だ。ただひたすら模擬試験をやって、点数を確認、間違ったところを確認して、弱点も補強する。

ちなみに私はこの時点で900点を超えたことは一回もない。つねに800〜900の間だったが、諦めずに粘った。結果、当日はTOEIC900点超えを達成することができた。みなさんも最後まで諦めずに粘って欲しい。

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.2〉TOEICテスト新公式問題集新TOEICテスト「直前」模試3回分CD BOOK 直前に解く!TOEIC TEST模擬試験集 (アスカカルチャー)PCで模擬試験TOEIC TEST新テスト対応!!これだけ!TOEICテスト総合対策初めて~650点新TOEIC TEST直前対策模試(JMOOK5)CD3枚付 新TOEICテスト 「出どころ」がわかる完全模試

【30日】TOEIC前日の過ごし方

①ストレス解消

前日は英語の勉強はもうやめた方がいい。これまで英語漬けの毎日を過ごしてきて、あなたは相当ストレスがたまっているはずだ。ストレスというのは人間の脳の回転を鈍くする。試験当日にストレス満載の状態で行くとかなり不利だ。30日間でTOEIC900点という荒業をこなすためには、当日の僅かなストレスも命取りになる。昨日までの模試ラッシュで、自分の実力はわかっているはずだ、あとは体調を万全に整えて、当日少しでも良い点をとること。

だから、前日はゆっくり休もう。休もうと言っても、ここでも英語から離れてはいけない。たった一日でも英語から離れては、せっかく育った英語脳を台無しにしてしまう可能性がある。

やはり英語のyoutube動画を見たり、映画を見たりしよう。ここまで来た頃には、かなり英語力も向上している。子供向けの映画であれば字幕なしでも見れるはずだ(理解率70%くらい)。うわー自分はこんなに英語できるようになったんだ!、と素直に喜んでしまえばいい。ストレス解消系の映画を見ることをオススメする。
チーム★アメリカ ワールドポリス スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]モンスターズ・インク [DVD]ファインディング・ニモ [DVD]セサミストリート ドゥ・ジ・アルファベット~Do The Alphabet~ [DVD]

②明日の準備

そして寝る前には当日の試験会場までの経路、電車の時間、持ち物をもう一度確認しよう。

  1. 受験票
  2. 証明写真1枚(受験票にはりつけ)
  3. 身分証明書(有効期限内のもの、写真があるもの)
  4. 筆記用具(HB鉛筆またはシャープペンシル、プラスチック消しゴム)
  5. 腕時計

③寝る前

900点取れるかどうかはあとは運次第。あんまり深く考えても仕方ないので、夜はさっさと寝てしまおう。900点取れるかどうかでドキドキして寝れないあなたは、さっき見た映画のことを思い出そう。30日前は英語が全く出来なかったあなたが、ここまで英語をマスターし理解できるようになったのだ。それだけで十分価値のあることだし、よしんば明日TOEICで800点しかとれなくっても、十分ひとに自慢できるレベルなのだ。あなたにはもうそれだけの英語力が備わっているはず。だから安心して寝てしまっていい。

それでも寝付けない人は少し散歩をしてヌルめのお風呂に入ってから牛乳を飲めば眠たくなる。当然、飲酒・コーヒなどは厳禁。受験前日の鉄則だ。

About

短期でTOEICスコアを上げるにはどうすればいいかを解説した勉強法のサイトです。著者の自己紹介はこちらを、取材執筆などのご依頼はこちらをどうぞ。Twitterもやってます。
人気ブログランキングへ

管理人が書いた本のご紹介

発売から1週間で増刷決定!
30日間で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法
30日で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法
↓↓↓
詳しくはこちら


絶賛発売中!
申し訳ないほど効果が上がる英語勉強の7つの方法
申し訳ないほど効果が上がる英語勉強の7つの方法
↓↓↓
詳しくはこちら

寄稿させて頂きました
イングリッシュジャーナル2012年4月号
イングリッシュジャーナル2012年4月号



取材記事を掲載して頂きました

クーリエ・ジャポン2013年5月号

Other Recent Posts

管理人オススメ参考書

TOEIC TEST英単語スピードマスター
成重 寿
Jリサーチ出版
売り上げランキング: 11596
おすすめ度の平均: 4.0
4 非常に満足です。
5 勉強するかしないかのどちらかだけです。
3 不親切
5 TOEIC対策としては最良書。
3 結構難しいです。
新TOEIC TEST英文法・語法問題集
安河内 哲也 魚水 憲
Jリサーチ出版
売り上げランキング: 39651
おすすめ度の平均: 3.0
1 お金の無駄
4 基礎固め
2 少なくとも900点レベルではない
4 Not so bad
5 実用的
新TOEIC TESTリーディング問題集
成重 寿
Jリサーチ出版
売り上げランキング: 30491
おすすめ度の平均: 3.5
3 Part7の攻略
2 本番より、格段に難しい
4 本番に近いです
1 残念ながら期待外れでした・・・
4 いいのでは?