英語を勉強することの弊害(英語と脳の素人研究)

英語を学ぶメリット

TOEIC900位になってくると、自分の脳味噌の中に新しい言語ゾーンができるのがわかる。日本語とは違う回路を使って言語を理解している自分が見えてくるのだ。俗っぽく言えば英語脳というものだろう。これくらいまで勉強するとちょっとやそっとじゃ英語力は落ちないといわれている。

この恩恵は大きい。TOEICスコアを履歴書にかける。外人と友達になれるし、ネット経由で得られる情報量にも格段の違いが出てくる。このようにメリットばかりに見えるが、実際は良いことづくめとも言えないのだ。

日本語を忘れてしまうというデメリット

もっとも大きなデメリットが、英語を勉強しすぎると日本語を忘れてしまうということだ。忘れる、というと語弊があるが、確実に日本語運用に支障をきたすようになる。

一つはリスニングだ。テレビで日本語のニュースを聞いているとき、キャスターの話しだし2,3秒位の間、日本語を話しているのか英語を話しているのか判別出来ない時間ができてしまう。判別出来ない間は話している内容を理解できない。日常会話でもしかりで、友人と話している時に日英の判別に時間がかかり「もう一度言ってくれ」と聞き返すことがしばしばあった。

もう一つは単語運用。普通に日本語で会話しているときに、日本語単語より英単語が先に出てきてしまうことがある。例えばロンシャン聖堂について話をするとき、「この壁面の曲がりっぷりが・・・・」というところを「この壁面のcurvatureが・・・・」とついつい口走ってしまうというような具合だ。一旦英単語が口をついて出ると、日本語を思い出すのに1秒以上はかかるので、しばらく口ごもることになる。これではカッコ悪いし、まるで長嶋茂雄みたいだ。

人によって傾向は異なる

他の人でも同様のことがおこるのだろうか?疑問をもった私はある実験をしてみた。英語が堪能な中国人留学生3人にあつまってもらって、次の写真を見せた。

「写真に写っているものを、中国語でも英語でもいいから3秒で10単語思い浮かべて」(写真はロンシャン聖堂、wikipediaより引用)

と言ってみたのだ。3秒カウントののち紙にすばやく書き下してもらう。短時間に単語を列挙するため英中訳をしている時間はない。よって、「イメージ」と「言葉」の結びつきが強い方が自動的に出てくるだろうと考えたのだ。結果、2人は中英半々くらいで、一人は中国語100%だった。面白いことに、中英半々の2人は私と同じく単語の混同で悩んでいるらしい。しかし、中国語100%のひとはきっぱり「混同はない」と言っていた。彼女の英語力に問題があるわけでは決してなく、「英語モードだったら英語100%だったろう」とも言っていた。結局、人によって混同する人としない人にわかれるということなのだろう。

なぜ人によって違うのか?

なぜ人によって違うのだろうか?はっきりとしたことは分からないが、やはり脳の使い方に差があるのだろうと思っている。この本によると、人間が言語を話すことができるのは、右脳もしくは左脳に言語機能を一極集中させることができたからだそうだ。一部に集積させることで、聞く、見る、話すといった諸行動や、抽象語、概念など高度な機能をお互いに連携させることが可能になり、人類は言語を手に入れることができたのだという。

結局のところ、私みたいないわゆる「混同組」は、一つのエリアを使って日英の二言語を操っているのだろう。おそらく私の英語用の領域はまだまだ小さいだろうから、日本語の言語野を英語が間借りしているような状況なのだろうと思う。脳内の日本語ライブラリの中に英語が散在しているものだから、ある写真=イメージを見たときにあやまって英単語を抽出してしまい、日本語がすぐに出てこないことになるのだろう。リスニングもしかりで、相手の話ている音声パターンを照合するときに、日本語の音声ライブラリだけでなく英語ライブラリもあわせて検索してしまうために、一瞬英語かも?と脳が勘違いしていしまうのではないだろうか。

言語混同なき人の脳の仕組み

では、混同ない人の脳はどうなっているのだろうか?初めは、右脳と左脳両方が発達する両利きだから、右脳=中国語、左脳=英語という振り分けになっているのではないかと疑ってみた。やっぱりこれは純然たる素人考えだったようで、混同なき中国人は右利き、一方混同組の私が左右両利きであるため却下された。

すこしディスカッションしていると、英語を学習した経緯に根拠がありそうだ、という結論に至った。少ないサンプル数ではあるが、100%混同なき中国人は子供時代から英語の学習をはじめていたそうで、英語を英語として初めから育てていたのだという。つまり、ライブラリ立ち上げ段階から中英切り離されていたということだ。混同組の私と2人は中高からの英語スタートで、母国語マスター後に英語を覚え始めている。

どうすれば?

現状、大人(中学生以上)が外国語を学ぶときは、母国語をベースにマスターしていく以外に方法がない。単語暗記するときに英語の日本語訳を逐一覚えていくというのはその典型的な方法である。出だしから外国語を外国語として覚えていくというのは難しいので、やはり母国語のライブラリを間借りして、英語のライブラリを充実させていくしかないのだ。

もっとも、長じてから英語を初めても、それなりにやりこめば混同もなくなってくる、という話を聞いたこともある。ある程度脳内の英語ライブラリが大きくなれば、英語どうしの結びつきが強くなり、日本語ライブラリの助けを借りなくても完全に独立して運用することが可能になるのかもしれない。

いまだに混同が無くならない私に取ってはまだまだ先の長い話だな、と思う。

人気ブログランキングへ←をポチっとしてくださると励みになります。
It's very calm over here, why not leave a comment?

Leave a Reply




About

短期でTOEICスコアを上げるにはどうすればいいかを解説した勉強法のサイトです。著者の自己紹介はこちらを、取材執筆などのご依頼はこちらをどうぞ。Twitterもやってます。
人気ブログランキングへ

管理人が書いた本のご紹介

発売から1週間で増刷決定!
30日間で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法
30日で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法
↓↓↓
詳しくはこちら


絶賛発売中!
申し訳ないほど効果が上がる英語勉強の7つの方法
申し訳ないほど効果が上がる英語勉強の7つの方法
↓↓↓
詳しくはこちら

寄稿させて頂きました
イングリッシュジャーナル2012年4月号
イングリッシュジャーナル2012年4月号



取材記事を掲載して頂きました

クーリエ・ジャポン2013年5月号

Other Recent Posts

管理人オススメ参考書

TOEIC TEST英単語スピードマスター
成重 寿
Jリサーチ出版
売り上げランキング: 11596
おすすめ度の平均: 4.0
4 非常に満足です。
5 勉強するかしないかのどちらかだけです。
3 不親切
5 TOEIC対策としては最良書。
3 結構難しいです。
新TOEIC TEST英文法・語法問題集
安河内 哲也 魚水 憲
Jリサーチ出版
売り上げランキング: 39651
おすすめ度の平均: 3.0
1 お金の無駄
4 基礎固め
2 少なくとも900点レベルではない
4 Not so bad
5 実用的
新TOEIC TESTリーディング問題集
成重 寿
Jリサーチ出版
売り上げランキング: 30491
おすすめ度の平均: 3.5
3 Part7の攻略
2 本番より、格段に難しい
4 本番に近いです
1 残念ながら期待外れでした・・・
4 いいのでは?